【年末年始のご案内】

年末年始も平常通り
24時間承っております。
お問い合わせにつきましては、
 2017年12月29日(金)〜
 2018年1月4日(木)は
年末年始休業となります。
年内の最終発送は12月26日、
年始は1月5日より発送させて
いただきます。
商品検索

検索
ご試着レンタル レビューを見る 商品ラインナップ 花嫁衣裳 レンタル
女性衣裳 レンタル
男性衣裳 レンタル
成人式・卒業式 レンタル
子供衣裳 レンタル
小物レンタル
小物販売
喪服 レンタル

コラム 営業日カレンダー

発送及び電話・メールの対応等全ての業務をお休みしております。
翌営業日より順次対応させて頂きますのでご了承下さいませ。
ご注文は24時間年中無休にて受付けております。

ショップ情報 お知らせ&入荷情報

■4月14日
色打掛49,800円〜好評レンタル中!

■4月14日
引き振袖68,000円〜好評レンタル中!

■2月21日
二次会ドレス9,800円より。

■2月15日
カラードレス追加で出品しました。

■2月12日
ウェディングドレス5点追加で出品しました。

メルマガ登録/解除
 
  • トップページ
  • 白無垢・打掛
  • 引き振袖
  • ウェディングドレス
  • カラードレス
  • 二次会ドレス
  • メンズ衣裳
  • ご参列衣裳
  • 小物販売

シーン別着物の選び方

結婚式・パーティー・卒業式・七五三・お宮参り・・・
さまざまなシーンでお召しいただくお衣裳をご用意しております
ご利用になるシーンから着物の選び方をご紹介

■ ネットレンタル衣裳サイト 「花嫁衣裳.COM」

創業65年、花嫁専門貸衣裳店としてスタートしました、老舗貸衣裳店が運営するネットレンタル衣裳サイトです。 
「花嫁衣裳.COM」 は、の豊富なウェディング関連衣裳を、全国のより多くのお客様にご利用頂き、素敵な門出のお手伝いをしたいという想いから、このネットレンタル衣裳サイトをスタートいたしました。
結婚式・成人式・卒業式・七五三.お宮参り・・・さまざまなシーンでお召しいただくお衣裳をご用意しております。

■ 買うより、レンタル!!

昔は、留袖、訪問着、喪服などのお着物は、お嫁に行く時に、親が一式すべて揃えて嫁がせたものです。
しかし、今は少子化もあり、兄弟姉妹も少なくなり、結婚式などの晴れの場も少なくなりました。そして正装をしてのお出かけが、お着物だけではなく、ドレスをお召しになる事も多くなりました。
今では、お召しになる機会の少ないお衣裳は、高額で購入されるのではなく、高級品をレンタルする時代になりました。一流ホテルの結婚式でのお母様のほとんどが、黒留袖をレンタルなさっているのが現状です。時代も変わりましたね。
お出かけになる場や、その季節、その年代に合わせて、たくさんのお衣裳の中から、レンタル衣裳をお選びいただけます。高品質なお着物をリーズナブルに、上手にご利用ください。

【黒留袖・色留袖・訪問着・振袖・色無地・男着物・七五三・産着・・・・】などのお着物を、豊富にご用意いたしております。もちろん全国送料無料にてお届けします。

■ ご利用になるシーンから着物を選ぶ

◆結婚式 お客様のお立場で、お召しいただくお着物が違います。
 ●母親・既婚の姉妹・ご親族・媒酌人 → 黒留袖をお召しください。
  最も格が高い既婚女性の第一礼装です。お客様をお迎えになるホスト側のお着物です。
 ●姉妹(ミス) → お振袖を是非お召しください。長いお袖は、ミスのマークです♪
  お振袖は、ちょっとと思われる方には、訪問着をおススメいたします。
 ●遠縁のご親戚(ミセス) → 黒留袖・色留袖・訪問着をお召しください。
 ●およばれ(ミセス) → 色留袖 来賓としてご挨拶をされる方は、ぜひお召しください。
  最も格が高い第一礼装です。 ご友人などは訪問着もお勧めです。
 ●およばれ(ミス) → お若い方は、ぜひお振袖で、華やかに。 訪問着もお勧めです。

◆結納 さまざまなスタイルがあります。両家の格が異なりすぎない様、ご相談下さい。
 ●本人 → 振袖、または訪問着をお召しください。
 ●母親・ご媒酌人 → 色留袖・訪問着・色無地 をお召しください。

◆パーティ さまざまなスタイルがあります。
 ●格式の高いパーティ → ミスなら、振袖。ミセスなら、色留袖・訪問着をお勧めします。

◆コンサート・お食事  一般的には、訪問着をお勧めします。

◆七五三詣り・お宮参り  母親・祖母 どちら様も、訪問着・色無地がお勧めです。

◆入学式・卒業式
 ●本人 →  はかまをお召しください。先生方も色無地に袴が人気です。
 ●母親 →  訪問着・色無地がおススメです。

■ フォーマルシーンで使用することができる着物

着物はTPOに合わせて着ることが重要で、フォーマルシーンで着ることができる着物は6つあります。
基本的には主に絹を素材として使用し、織り上げた白い生地に柄付けをする後染めの着物、もしくは染めの着物と呼ばれるものになります。 格式に関しては柄付けの違いや紋を入れるか入れないかによって変わり、さらに紋の数によっても変わります。

一つ目は黒留袖です。
裾に模様が入っていて背中、両後ろ袖、前胸元に計5つの家紋が入っています。
既婚女性の第一正装として使用されるもので、結婚式で新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性が着る正装用の着物となっています。

二つ目は色留袖です。
五つの紋付きであれば黒留袖と同じく第一礼装となるのですが、既婚や未婚に限らず着ることができ、紋も五つではなくても三つなどの場合もあり、紋を減らすと訪問着や付下げと同様のシーンでも着ることができるようになります。

三つ目は振袖です。
未婚女性の第一礼装であり華やかな絵柄と長い袖が特徴の着物となっています。
結婚式や披露宴など、またフォーマルなパーティーで着ることができます。

四つ目は訪問着です。
絵羽と呼ばれる模様付けがされた着物であり、礼装として着ることができ華やかな雰囲気のある着物です。
既婚や未婚に限らず着ることができます。

五つ目は付下げです。
着た時にすべての模様が上を向くように柄付けがされており、訪問着とほぼ同格の華やかなものやカジュアルにも着ることができるものなどがあります。既婚や未婚に限らず着ることができます。

そして六つ目は色無地です。
柄の入っていない無地の着物で、一色で染められています。紋がない場合には普段着として着ることができ、紋をつけることで礼装として着ることができます。既婚や未婚に限らず着ることができます。

■ お客様コメント

お仲人をよくしますが、毎回、自分の同じ黒留袖を着て行くのがイヤで、いつもレンタルしています。だって、同じ着物ばかり着るの嫌じゃないですか?毎回違う柄を選んで楽しませて頂いてます。今度は、屋外の教会との事なので、思い切って、色留袖をレンタルしようと思っています。また、アドバイスよろしくお願いします。
PAGE TOP